依頼する分野で決める

翻訳

翻訳会社に文書の翻訳を依頼する場合は、依頼する文書の分野に沿っているのかについて確認しておくことが必要です。医学や財務、法律関連など翻訳家によって専門分野は異なっています。

プロが翻訳を行う

翻訳会社選びは仕事をお任せするうえで大切なことですよ。失敗したくないとお考えならこちらをご覧ください。

翻訳会社を利用してみよう

案内

グローバル化時代の今日本語だけではなく多言語、世界各国とボーダーレスで繋がっているのが現代です。 海外へ仕事を展開したい、また学術分野での文献を訳したいなどで翻訳会社を利用することは時間や人件費の効率化になりメリットとなります。 翻訳会社には様々な言語翻訳のプロが揃っています。発注の流れとしては翻訳会社へ見積もりを依頼する為に電話やメールなどで連絡し、データを送ります。見積もり料金やサービスに納得したら翻訳を任せます。作業の間に確認や質問などがある可能性はありますが原則として全てお任せになるので非常にシンプルです。このように翻訳会社へ外注するのは自社で作業するより時間の節約になり、翻訳の精度も上がり仕事効率がアップするでしょう。

翻訳会社はよりスピーディに。

パソコンとインターネットの普及により、翻訳会社の仕事は以前に比べはるかに早くなっています。しかし、翻訳ソフトやオンラインが発展しても、機械翻訳だけでは成り立たないのが現状です。昔に比べると非常にレベルが上がっていますが、完璧とはいえません。 そこで、チェッカーという作業が必要になるのですが、その需要が年々高まっています。チェッカーとは、ゼロから文章を翻訳をするのではなく、すでに翻訳されたものを確認し、よりスムーズな文章に仕上げる人です。 翻訳会社によっては、ネイティブやバイリンガルのチェッカーを採用しているところがあります。格安翻訳会社では、この部分を省いていることがあります。費用はその分割高になりますが、チェッカーがいる翻訳会社ならよりクオリティの高い翻訳になります。

無料トライアルを利用する

英語

翻訳会社を利用するという場合は、無料トライアルから試してみるという方法もあります。どのような翻訳の質なのかについて知ってから、依頼する検討を進めていくと良いでしょう。

実績をチェックする

男性

翻訳会社に翻訳を依頼するという場合は、どのような実績を持っているのかについてチェックしておくことが肝心になります。今までどの企業からの依頼に対応したのかについて紹介されています。